squeaky


試練

主なる神は私に試練をお与えになるのがお好きなようです。10年に7人肉親亡くしただけじゃ足りないの?それを乗り越えたらなんだってどってことはないと思えるのが私の強さではあるけれど、これでキャパオーバーになっちゃったらどうなるんだろう。
[PR]
# by squeaster | 2014-10-20 23:11 | Blog


W杯と父の日

d0092200_2226536.jpg

接骨院→W杯観戦の道すがら。「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」の「この空の青さに心細くなる」ならぬ、雨に打たれた後の鮮やかな緑。

まさかこんな不意打ちくらうとは。

W杯初戦と父の日が重なった今日。12年前の今頃は父帰天後、一時帰国して相続手続きを寝たきりの母の代わりにしてたんだよなー、と感慨に浸って上記の写真をなんとなく撮った。

当時はまだ22。相続人二人っきゃいないのに、母は書類に記入などできる状態にはなく、かつshort-termの記憶力が極端に悪くなっていて、行く度に「なんでパパこないの?」への説明からスタート。遺産分割協議書作成しないと前に進まない。よって2002のW杯は決勝横浜だったにも関わらず他人事。

ミサ→納骨くらいまでは気丈に振る舞っていたものの、4LDKの自宅で一人遺品に囲まれ、毎日泣いていたような気がする。

あの夏とその後7年に渡って起きたことを乗り越えた今、そう簡単にはめげない。でもひょんなことからこんなにも鮮明に記憶は甦るのか。人間って強いんだか弱いんだかほんと分からない。
[PR]
# by squeaster | 2014-06-15 22:26 | Blog


Next Year! #UnitedinOrange

はー。Arsenalが絶対落とせない試合をクリーンシートで終えた一方、BroncosがSuper Bowlに敗れ意気消沈中。

思えばColorado 1年目。MJがUtah Jazz戦決定的場面で3ptを決めてBulls 2回目の3 peatに導き、(寮で中継観てた)ベイスターズは日本シリーズを制し、(父から国際電話かかってきた)BroncosはSuper Bowlに勝つ、という本当にハッピーな年でした。

対NE Patriots戦の圧倒的な攻撃観たらいけそうな気がしたんだけどなー( ノД`)…

スポーツあれもこれも追いかけられないので、プロ野球まではC'mon Arsenal!
[PR]
# by squeaster | 2014-02-03 17:47 | Sports


NYC + CO 2014 - 雪のち晴れ(JP)

d0092200_1821576.jpg

d0092200_18215769.jpg

今回は(も?)忙しかったけど、映画はやたら観ました。

NRT-JFK
「大停電の夜に」
「秋刀魚の味」
NYC
"Lone Soldier"
DEN-NRT
"Blue Jasmin"
"Memoir of Geisha"
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」

感想は気が向いたらそのうち。
[PR]
# by squeaster | 2014-01-26 18:21 | Blog


明けましておめでとうございます☆

本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は元旦ガーラ湯沢でkickoff、正月休み明けビル風吹きすさぶ晴海出勤に始まり、振り返るとそれなりに充実した1年だったかも。

社会人になってからdinghy、ウェイクボード、サバゲーなどいろいろやってみたけど、基本はスキーとテニス。「スキーとテニスまだ上達の余地があるのに器用じゃないからいろいろできない」というのと、「手加減してもらうのがイヤ」「足手まといになるのがイヤ」という負けず嫌いな性格が邪魔をしてずっと二の足を踏んでいた草野球とフットサルをやってみることに。

初心者でも下手でも楽しいじゃん。

勝手な思い込みってほんと損、と思ったのが去年一番の収穫かもしれない。スポーツだけではなく他のことにも当てはまるし。さて。ケガも多く、平日はストレスでぐっすりとは眠れず週末撃沈といったことも多々ありましたが、概ね体調崩さずに1年乗り切れて安堵しています。

なお、今年の目標は仕事にしろプライベートにしろタイムマネジメントもうちょっとできるようにする。もともと瞬発力はあるけど持久力ないので、一日二日強行軍するとその後ぐったり。それもあって、去年会おうと思っていた友達になかなか会えなかったり、やろうと思っていたことに取りかかれなかったり。

既に今月休暇で渡米する間の日程殆ど決めてないよ、だったりする。とほほ...。
[PR]
# by squeaster | 2014-01-01 21:14 | Blog


「天国旅行」

作者は三浦しをん。

今日は母方の祖父命日だった為、母が横浜中央病院に入院中祖父・父とセットで一緒にお見舞いに行った帰り必ず寄っていたお店にぷらり。父が何故その店を選んだかはもはや知るすべがありませんが、(S家の人間には若干濃い目な味の店なので、生粋の江戸っ子のおじいちゃんに合わせたのかもしれない)孫/娘がコロラドにいる間も無口な二人で月一回はご飯を食べながらビールと紹興酒を飲んでいたらしい。

そこは細い路地にあって、その界隈は人気店が密集しているので、よほどその店の名物にヒットするものをリクエストされない限り人を連れていくことは皆無に近いけれど、まだ20になったかならないかの頃を懐かしく思い出す大事な場所。

職場が忙しいせいもあってふと一人で思い出に浸る余裕もないせいか、時間が経過したからか、過去数年の12月に比べると穏やかに日々が過ぎていっているような気がする。残るはクリスマスイブ。

そう。思い返せば、恒常的に誰かが入院している状態よりは今の方がずっと楽。
[PR]
# by squeaster | 2013-12-18 21:37 | Blog


命日month

そして12月となり、家族4人の命日を迎える命日monthがやってきました。ある意味でこの月は時がどれだけ喪失感を和らげる効力があるのかを知り、突破できない範囲内では自力でどれだけがんばれるかを計る時期でもあります。今月最初にやってるくる命日は60にも達せず最期10年は寝たきりだった母の命日。毎年この月は試練でもあり、自分がどれだけ喪失感を消化できたかを確認する月でもあります。母8日、父方の祖母12日、父方の祖父18日、父方の祖母24日。

自分の精神力が試される時期でもあります。そして、多分きっと今年も年賀状は書けないでしょう。

とりあえず8日は日曜だからできるだけごミサ行って墓参りに行こう。

あまり意識せず忙しい方がこの月はいいのかもしれない。
[PR]
# by squeaster | 2013-12-03 21:25 | Blog


独り立ち

※※※「リーガルハイ」6話まだ観てない方ネタバレ注意※※※



黛が古美門にクビ宣告されたシーンで、親が帰天して一人遺された時の心境を思い出した。特に父。褒めないし、ぐさっと毒舌だったのに、よそでは親バカだったと後日聞かされ、さらに「もう言うことはない」と豪語していたらしい。かいかぶり過ぎでしょ、その根拠はなんなのよ、バカー!(>_< )と思った。心配性の母が寝たきりではありつつ結局最後までがんばったけど、一人遺された、放り出された心細さは心の片隅に封印してるので不意打ちくらうとしんみりしてしまう。

ドラマ、フィクションなのに。

今日はとっとと寝よ。←翌日には大抵ケロッとしてる(--;)
[PR]
# by squeaster | 2013-11-15 21:55 | Blog


A Twilight Zone

”たまたま”川上弘美の「センセイの鞄」を読んでいたら高3の担任(現国)帰天の報。

”たまたま”真っ直ぐ帰宅、NHK7時のニュース→「クローズアップ現代」見ながら12/1に迫った10kmマラソンに向けて筋トレ。中高テニス部時代を思い出したところで「リーガルハイ」の録画を観ることに。先週放映された第5話には古美門研事務所で働く真知子の父登場。親って子供のことよく見てるよなーとしみじみ思った。

放任主義だった父ですが、例外は二つ。
・近くの小学校に受かった時点で自身の母校出願やめた
→「だって(通学する)体力ないんだもん」
・大学土壇場でアメリカ行くか国内で唯一受験して受かったとこに行くか迷ってた時に「アメリカ行くよね?」と軽く脅された
→「アメリカの方が向いてそうな気がする(。・・)」

半ばこじつけだけど、フィクションと現実の狭間、twilight zoneにいるような一週間。ここで考え事に耽ってふわふわしてしまうと何かやらかしそうな気がするので、ぐっすり寝てシャキッと起きよう。要らん予知夢見ませんように。

↓過去一番リアルな予知夢
コロラドいた時日本の留守宅に泥棒に入り、その旨隣の家から国際電話架かってくるちょうど1-2時間前昼寝してたら、自宅に他人が入ってる鮮明な夢を見た(v_v)
[PR]
# by squeaster | 2013-11-13 21:44 | Blog


6年目

「国際展示場ってどこですか?」

派遣会社を通じて採用通知がきたのが5年前の誕生日当日。研修始まったのが11月12日なので、明日で実質6年目に突入。小2で始めたスキーもまだモーグル斜面上手くなりたいと思うくらいだから、一つのことを続ける方が向いているのかも。

祖父も父も亡くなるまで同じ企業に勤めた根っからのサラリーマン一家なのもあると思うけど、やるからにはスペシャリストになりたいし、別に昇進しなくていいから「ここぞ」というところで任されるようになりたい。

家事両立できてないとか、休み一歩も出ないで撃沈している日もあるとか、至らない点は多々あるけど、大学1年目から平穏とは程遠い10年間を送った後やっとここまで来られたか、としばし感慨に耽る秋の夜長。
[PR]
# by squeaster | 2013-11-11 18:48 | Blog

    

a hamakko/boulderite
by squeaster
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31